Top > 葉酸サプリ > 葉酸は体に不可欠な栄養素!

葉酸は体に不可欠な栄養素!

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、葉酸サプリを飲むのが良いと思います。それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。

 

妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠3か月までだと言われていますが、母体にとっても必要な栄養素なので、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。

 

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中ではほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

 

なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を避けることが出来るという報告があるのです。

 

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸は、ビタミンのひとつです。

 

その効果は適切な量をきちんと摂取することで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

 

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。

 

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

 

ララリパブリックの口コミをチェック!その効果とは?

 

葉酸サプリ

関連エントリー
葉酸は体に不可欠な栄養素!妊娠初期に葉酸が不足するとどうなる?